So-net無料ブログ作成
検索選択

仕事の鬼十則?Σ(°□°) [お仕事関連のお話]








仕事の「鬼十則」をご存知ですか?(`・ω・´)ノ
かの有名な日本を代表する広告代理店、その4代目社長の吉田秀雄さんが提唱したとされる仕事の基本理念。今でも電通の社員の行動理念として根付いているとか。

その内容は↓↓
一. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
二. 仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。
三. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
四. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
五. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
六. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、長い間に天地のひらきができる。
七. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
八. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
九. 頭は常に全回転八方に気を配って一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
十. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。


僕がこの鬼十則に出会ったのは10年くらい前でしょうか?
自社設備の製造を委託した機械屋さんのトイレに貼ってあったこの言葉に見入ってしまいました。
今の時代だとこういうことを社訓に掲げるとブラック企業なんて叩かれるかも知れませんが、実際に組織の中で上っていこうとか、独立しようとかそういう野心を持っている人にとっては胸に刻んでおくべき言葉だと僕は思ってます。

もちろんやり方は人それぞれだし、これを信条に頑張ったから成功するというものでもありません。
それが現実です(`・ω・´)ノ
けど「人より先を走りたい」、「豊かになりたい」、「誰かに支配されたくない」、そう思うなら、人と同じ様に過ごしていては始まらない・・・そう、スタートラインにすら立てないでしょう。

誰だって苦しいより楽な方がいい、人に嫌われるより好かれるほうがいいに決まってます。
少なくとも僕はそうです(`・ω・´)ノ
でも目指すものがあって、達成したい目標がある!何かを差し出さなければ前に進めないとしたら?
差し出すものとその出し方は人それぞれかも知れないけど突き詰めていけば、それは「時間」「労力」「能力」「お金」のいずれかだろうと思ってます。

さて、これからなんとかしてでかい夢をつかんでやろうと思っている方たちでこの「鬼十則」を知らなかった人にこの吉田秀雄さんの教えはどう響きましたか?
そして自身の夢と今手の中にある「時間」「労力」「能力」「お金」を天秤にかける想像をしてみて下さい。
もしあなたの気持ちが「それらを差し出してでも夢を目指して走り出せ!」と訴えているならそれに気付けたことはチャンスへの第一歩かも知れませんね(*・ω・*)b♪

でわでわ、今日はこのあたりで⊂(・∀・)∂))バイバイ
-----------------------------------------------------
目次へ→

-----------------------------------------------------








nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。